6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ANZ レディースマスターズ
2006年02月05日 (日) | 編集 |
ゴールドコーストのロイヤルパインズで行われた
ANZ レディースマスターズ

昨年に引き続き宮里藍ちゃんを見に、行ってきました^^

昨年は、初日からトップを走っていたので、ニュースで見て、居ても立ってもいられず、2日目に行った。
トップだったのでスタート時間も遅く、現地に着いた時点で、藍ちゃんのスタートまで2時間近くあった。

暇つぶしにCafeに入ったら、目の前に藍ちゃん発見!!
取り合えず、握手をしてもらった(←抜け目無い^^;)

今年は、藍ちゃんの調子もまだ上がってきていなくて3日目の時点で順位も51位だったので、スタートは8:15だった。
私たちが到着したのが8時ちょっと過ぎで、コースに着いた時には丁度藍ちゃんが第1打を打ったところだった。

2人の子供連れでのゴルフ観戦はハッキリ言って無謀だった( ̄▽ ̄;)
3番ホールで早くも、次女が飽きた(ゲラゲラ!)
仕方なく主人が次女を連れて12番ホールまでショートカット。

私は長女を連れて、所々ショートカットしたものの、結構頑張って付いて歩いた。

因みに、あんな所で知り合いにあった^^;
オーストラリアも狭い。。。(くすくす)

藍ちゃんは、最終ホール終了後、数々のインタビューをこなし、サインを待っているファンの前に戻ってきてくれ、一人一人丁寧にサインや握手に応じてくれた。

我が家も、藍ちゃんのプレーを見て、すっかりファンになった長女が
「どうしても藍ちゃんのサインを帽子にして欲しい」と言うので待っていた。
ついでによく事情のつかめていない次女も帽子にサインを貰うんだと、帽子を脱いで張り切っていた^^;
サインを貰い、握手をしてもらった子供たち。(私たち夫婦も^^)
長女が握手をして頂く際に、差し出した手が藍ちゃんと逆だった。
別の手を出すと、藍ちゃんも別の手を出し、また別の手を・・・
3度目でやっと握手ができると、藍ちゃんも周りのみなさんも笑っていた^^

とてもいい思い出ができた。

藍ちゃんのブログを読んでも感じるけど、彼女は常にどんな苦労や失敗も糧にして前に向かって進んでいる。
若いのに、素晴らしい。
そして、今日のファンへの対応を見ていても、藍ちゃんが人気があるのが理解できる。

ANZ.jpg
今日のお土産
毎年タダで配られる、ANZグッズ^^
今年は、グリーンバック(ブルーだけど プププ)まで付いていた(ラッキ~!!)

余談だけど、入場料25ドル。
我が家は一応ゴールドコーストの住人なので、先月あたりのローカルペーパーに載っていたクーポンを持参すると、1人分がタダになった!!

ローカルペーパーってたまには役に立つじゃん!(←失礼な奴^^;)

そして、更に余談だけど、
今日、藍ちゃんと一緒に回っていたオーストラリア人のSarah-Jane Kenyon選手
とっても美人さんだった。

って、それが言いたいワケじゃ無くて!

帰りにゴルフ場から車まで歩いていく時に私たちの目の前を歩いていた。
キャディーをしていた男性と、彼女の友達らしい女の子と男の子の4人で。
4人で歩いているのを見た限り、普通~のオージーの2カップルが
「これからマックでも行く~?」みたいな感じだった^^;
「私、ちょっと仕事してくるからぁ~、終わったら迎えに来てぇ~?」みたいな、あまりにも普通に一般客と同じように帰っていった姿を見て笑えた。

オーストラリアじゃまだまだ有名じゃないんだろうけど、ゴルフを終えた後、そのままの格好で歩いて帰っていく姿が普通すぎて選手に見えなかったのがまたよかった^^
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。