6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜の過ごし方
2012年07月02日 (月) | 編集 |
昨日は、高校の入学説明会に行ってきました。
この学校の説明会に行くの、昨年と合わせて昨日で3回目(笑)

なんでかって???

昨年は、何も知らないで帰国生向けの説明会があるっていうので行ってみて、結構いい学校だったので娘も連れて部活体験のある説明会日にもう一度参加。
そして、長女の第一希望になったこの学校。今年は受験の年なので、受験に関する詳しい情報を知るためにまたまた足を運んできました。

もうすっかり顔になってしまった私(ぷっ)
着いたら、帰国生のサポート室の先生に、「ご無沙汰してます。」と言われた(笑)

この学校のいいところは、私立なので当然ですがキレイ。そして説明を聞いた限りですが、英語教育に特色があり、グローバルな女性を育てることに力を注いでいる。
しかも、昨年から海外の大学の推薦枠を取ることができたので、外国の大学の授業についていけるような授業を始めたとのこと。
これは昨年の説明会では無かった内容だったので、私立ってたった1年であれこれ変わっていくんだな~と実感。
更に、テニスが強い(←長女の決め手はコレ)

これだけ書くと、もうこの学校しかないでしょ~って感じだけど、ところがどっこい!!
我が家には娘を私立に通わせる余裕はございません。
この学校のもう一つのいい点。
それは、都立高校同額支援制度というものがあり、受験成績が85%以上だった生徒は、授業料が都立高校と同額で済む(ほぼタダってことだよね)
これを利用できたら、この学校に行かせてあげるというのが、私たちが長女に出した条件です。

つらつらと、受験生のいない家庭には興味のない話題を書いてしまったので・・・
続きは、その後行った

大エルミタージュ美術館展 のことなど。

説明会の後、ご飯を食べてから長女は帰宅(今週の期末テストのため)
私と、一緒に行っていたけど説明会の間時間を潰していたパパと次女の3人は、六本木の国立新美術館へ行きました。

新聞やから貰ったタダ券があったので(笑)

岡本太郎展の時は、食いつきの良かった次女でしたが、こっちはイマイチだったみたい。
16世紀~20世紀までの作品が世代別に展示されていて、どれも興味深かったと私は思うのですが・・・近代に近づくにつれ、理解不能な芸術作品になっていき、後半はこれって上手いのか?みたいな(笑)
あ~やっぱり我が家って芸術の心得がないのね(ゲラゲラ)

それなのにお土産コーナーの模写が欲しくなってみたりして。
結局、行けなかった長女へお土産
goods1.jpg
チェブラーシカ(だっけ?)とエルミタージュのコラボのクリアファイル

そして・・・

せっかく六本木に行ったのだから、水谷家(水谷豊さん)おススメスィーツ
DSCF1980_convert_20120702160434.jpg
東京ミッドタウンにあるリッツカールトンのカフェに行かなければ買えない(お取り寄せできない)シュークリーム。
写真があまりにも美味しくなさそうに写っておりますが・・・
マジ旨かったです♪
スポンサーサイト
テーマ:こんなことがありました
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。