6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ladder 49
2005年07月06日 (水) | 編集 |
B000A1ONNY.09.LZZZZZZZ.jpg

邦題は、炎のメモリアル。

出演は、ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ、他。

この、ホアキン・フェニックスさん、どこかで見たと思ったら、グラディエーターで、ラッセル・クロウの敵役の方でしたね。

ストーリーですが、ホアキン扮する消防士ジャックが主人公。ジョン・トラボルタは彼の上司。
設定は、アメリカ、ボルチモア。

人助けの出来る消防士という仕事に誇りを持っている主人公のジャックがビルの火災現場で、救助作業中に21階から崩壊したビルの中に転落してしまう。

ストーリーは転落後の彼のフラッシュバックによって、彼が消防士になった時から、奥さんリンダとの出会い、結婚、子供、同僚のケガ・・・と進んでいく。

リンダはジャックの身を案じ、消防士という仕事を辞めて欲しいけど、その仕事に誇りを持っている彼に無理強いはできず、それが二人の間でいざこざを起こす原因になっている。

ファイヤーファイターという職業はただの火消しではないと、つくづく思い知らされる映画です。

一見、バックドラフトとかぶる内容(?)と思ってしまうけど、まあ、遥か昔に見たバックドラフトの内容はすっかり忘れ去ってしまった私には、また新鮮な気持ちで見られました。^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。