6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グランディーバ
2010年10月10日 (日) | 編集 |
ジャンルを選んでて思った。これって芸術になるのか?

皆さんご存知ですか?
グランディーバ バレエ団
バレエ
男だけのコメディバレエ団で、プリマも全てオトコ しかも妖怪並みの厚化粧(笑)

以前、テレビで見たことあって、すっごく観たかったので、公演の情報を知って即座にチケットを取ったもの。
これもやっぱり子供たちはしぶしぶ。
パパも大して興味なし。
全くもって、私の独断で取ったチケットでございました。

内容は、随所にギャグがちりばめられていて、特にこのバレエ団のオリジナル白鳥の湖(瀕死の白鳥も)は爆笑もの。

芸術家肌の次女と、音楽が得意な長女が喜ぶかと思い、オーストラリアでもミュージカルに連れてってみたり、シルクドソレイユを観に行ってみたりしたのですが、バレエは行ったことがありませんでした。
コレを機に、娘たちが夢中になれるものが見つかればいいな。。。なんていつも思いつつ連れて行くわけですが、今回も見事に空振り(ぷぷぷっ)

って言うか、我が家に芸術は全くもって理解不可能だってことに改めて気付きました(←今更?!)
今回もお約束、誰かがどこかのシーンで絶対に居眠りしてる(ゲラゲラ!!)

あ~、今回も無駄足だった・・・ か?!
超一流のバレエを見れば違うのか?!

まぁ、白鳥の湖はやっぱり面白かったし、我が家には、こんなコメディバレエで十分かな。
スポンサーサイト
テーマ:バレエ
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。