6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校スタート
2010年04月14日 (水) | 編集 |
次女の初登校は・・・

登校初日は、登校班での集団登校。
転入生は親も一緒に登校なので、子供たちの後をついて私も徒歩で学校へ。
同じ班で、中国から帰国した姉弟がいたので、そのお母さんと話しながら歩いていきました。

小学校に着くと、桜が満開  日本の春だ~
始業式に参加して、辞められた先生、新しく来た先生、クラスの担任の発表があってから、転入生の紹介。
一人一人前に出て一言と言われ、全く準備をしてこなかったので、次女のことが心配でたまらなかった私。
ですが、「オーストラリアのクイーンズランドから来ました。よろしくお願いします。」
思った以上にキチンと挨拶のできた次女 "(*゚v゚*)!!

子供たちの、「ええ~~~~っ!!」「発音が違う!!」(←何の?!)というどよめきが聞こえた後、担任の先生が迎えに来ると、クラスメートが「やった~!!」ととても喜んでくれました。
皆から囲まれながら、翌日の説明を聞き、解散。
一緒に帰ろう!!と言ってくれる子がたくさんいましたが、この日は郵便局と農協へ、給食費の支払い手続きと口座開設をしなければならなかったので、翌日から一緒に帰る約束をしてお別れ。

お約束どおり?翌日から友達と一旦は帰宅するものの、毎日(←本当に毎日)遊ぶ約束をしては出かけていく次女(笑)
すっかり日本の子供だ・・・
英語が話せるとは思えない・・・(ぷぷっ)

学校の様子、子供たちを見て思ったけど、この辺りは東京と言っても結構田舎な感じで、子供たちも全然都会っ子っぽくないし、のんびりしてる。
とりあえず、一安心かな?
反面、英語を忘れちゃうんじゃないか、とか、早く習い事を探してあげないと・・・とか、焦ったりして。

長女の入学式は・・・
制服を着た長女は、ちょっと大人っぽく見えました。
トリニティーのユニフォームを着た時とはまた違った雰囲気。
日本の中学生だね。
私も、前日にあわててスーツを買いに行き、一応準備万端。

校庭のクラス分けを見て、上級生に連れられクラスに向かった長女を見届けてから、私は体育館へ。
周りの方たち、皆、誰かしら知り合いがいる模様。
私は、友達ゼロ(笑)

さすがに、中学の入学式は厳粛な雰囲気でした。
校歌の練習や、対面式での上級生の歌など聞いた感じ、この学校は、合唱に力を入れているようでした。
吹奏楽部の演奏も素晴らしく、比べちゃいけないけど、トリニティーのバンドがへぼく感じられたほど。
さすが、日本!!

式後に、各クラスに分かれてPTAの役員決めがありました。
この地域に知り合いもいないし、学校のことも何も知らないので、役員をしてもいいかな・・・と思っていたし、広報の希望者がいなかったので、役員を引き受けることにしました。
仕事自体は大して大変そうではないし、オーストラリアにいた頃は、言語の問題を理由に、そういった活動に参加したことが無かったので、日本では積極的に参加しようと思ってます。
スポンサーサイト
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
りえちゃんへ
まだまだ知らないことが多いけど、ちょっとずつ慣れてきたよ。リエちゃんからフェイスブックにメッセージが来て、ヒカが喜んでた♪ ありがとうね。
新米ママも、ちょっとずつ慣れてきてるようだね。
初めて会いに行った日は、どうなるかと思ったけど(笑)
2010/04/17(Sat) 16:17 | URL  | erizo@管理人 #7XDhzQU2[ 編集]
おーい・
ちょっとー。お疲れ様。大分おちついてきた?更新楽しみにしてたのよー。でもって ひっきーもエリちゃんもとりあえず 楽しんでいるようで一安心!こっちも 大分なれた手つきで我が子をだっこ出来る様になってきたよぉ。ブログみながら 真澄ちゃんの毒舌を恋しくかんじました。 スカイプはいるの楽しみにしてるよー。
2010/04/16(Fri) 22:12 | URL  | りえ LILY #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。