6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよなら、オーストラリア
2010年04月14日 (水) | 編集 |
娘たちのスクールホリデーを待ち、友達にも、オーストラリアにも別れを告げ、
今月3日(土)娘たちと共に日本へ帰国しました。

当日は、恵子さんと澄子さんファミリーがゴールドコースト空港まで見送りをしてくれました。
わざわざ私たちのために時間を割き、空港まで足を運ぶって面倒なことだと思う。
それを考えると、私たちは幸せ者だなぁ・・・
帰国前の1週間は、会う人会う人お別れを告げなければならなくて、本当に涙がよく出た。
空港でも、最後の最後まで泣いちゃったし。

6年間のいい思い出ばかりを都合よく胸にしまい、ほんのちょっとの期待を日本に持ちながら、飛行機へ・・・

って、その前に、しなくちゃいけないこと!!
タックスリターン ヾ(゚ロ゚ )オィッ

前回、しくじったので、今回は余裕を持って搭乗口まで行ったつもりが、やっぱり今回もギリ。
しかも、タックスリターンのカウンターがいきなり閉まり、焦った。
コンピュータートラブルだとかで、イライラしながら待ち、前回は「出発30分前になったらできない」と言われたので余計に焦る。
待ってる間に、娘に代わりに並ばせて、最後に買いたかった香水を買いに行くと、長女が私を呼びに来て、カウンターがやっと開いたというので、手続きをしに戻る。
手続き中に、今度は場内アナウンスで名前を呼ばれた私たち母子(笑)
まだ時間あるじゃん!!と言いつつ、娘に搭乗口まで行ってもらい、手続き中だと伝えてもらった。

ようやく手続き終了し、タックスがちゃんと戻ることを確認してから、いざ飛行機へ!!

最後の最後まで、バタバタな私たちでしたが、オーストラリアさようなら。
そして、素敵な思い出をありがとう。
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。