6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッジョブ!!
2010年01月07日 (木) | 編集 |
またまたBrisbane International Tennis の話題ですみません。
しかも、今回は、相当自慢話です。あしからず。

実は、4日の大忙しの1日が終わり、長女の仕事も終了してしまいました。
試合が進めば、当然試合数が減るのが当たり前のトーナメント。
そうなれば、当然ボールキッドの人数もそれほど要らなくなるのです。
と言うわけで、その日に約半数の子供たちがお役ご免となりました。
長女もその一人。
まぁ、彼女の目立たない仕事ぶりからして、仕方なかったかも・・・(ゴメン、長女)

それっきり、今回のイベント熱も下がって終わりかと思いきや、一緒にテニスを見に行った友達が、我が家に遊びに来て、「何する~?」って話から、
「今日、アンディの試合があるの知ってる?」って聞いたら、アンディファンの友達母子、「行きたい~!!」と言い出し、じゃあ、センターコートのチケット取る?みたいな話まで進展。
でも、意外に高いセンターコート。
「どうする?どうする?」ってしばらく迷った後、今日のドローをもう一度確認したら、センターコートじゃなくて、外のショーコートで、アンディが夜にダブルスをすることが分かり、じゃあ、わざわざ高いチケット買わないで、グランドパスでいいじゃんってことになり、善は急げ、速攻チケットをインターネットで買って、テニスコートへ向かいました(またかい!)

インターネットで取ったのには訳があり、チケットを見せると、公共交通機関が無料で利用できるから。
前回、あまりにも遠くに車を停めて歩いた為、今回はBeenleigh駅に車を停め、電車でYeerongapillyへ行きました。
今回は、仕事のない長女、次女も一緒です。
bri (4)

グランドパスなので、外のコートは見放題。
ぶらぶらと試合を見たり、選手の練習を見たりして過ごしていたら、ジャスティン・へニンが練習に現れました。
長女と友達の娘Rちゃんは、「サイン欲しい~!!」と言って練習終わりを狙い、待機。
練習が終わって出てきた彼女がサインをしてくれたのは、ほんの数人。
図々しい私は、娘たちに任せておくのももどかしく(だって、2人とも結構ドンくさいんだもん。。。)「ほら、どんどん前にボールを突き出すの!!」(←まじ、厚かましい)
結果、サインゲット!!
bri (5)

その後も、試合終わりの選手からサインを貰い、メインのアンディのダブルスです。
早めに腹ごしらえも済ませ、アンディの試合の前の前の試合から、ショーコートの席を取り、徐々に前に進出し(←笑)アンディの試合の時には、最前列!!(ゲラゲラ)

意外と頼りにならない友達は当てにせず、アンディとジェームス・ブレイクが現れた時には、ずいずい前に出て写真を撮る私(ぷぷっ)
セキュリティーに注意される始末 ‚«‚á[
bri (6)

ブラジル人ペア相手に、かなりヤバイ試合運びで、もう、接戦。
bri (7)

bri (8)
この日一番の一枚。
ジェームスのファーストサーブを待つアンディ。

負けちゃうんじゃない?とヒヤヒヤしながらも、とてもいい試合が見られ、いい写真も撮れ、勝利が決まった瞬間に、猛ダッシュ。
さすが、最前列で試合を見ていただけあって、サインの列も最前列。
やっぱり頼りにならない娘たちを横目に、まず、長女のサンバイザーにアンディからサインを貰い、ジェームズの前にもずいっと差出し、2人のサインゲット!!
Rちゃんがもたついているのがわかったので、ボールを引ったくり(←笑)アンディに差し向けて、サインゲット。

あ~、私って、グッジョブ!!GOOD
みんな大満足で10時半過ぎまでかかった試合の疲れも吹っ飛びました♪
スポンサーサイト
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。