6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jet Star★って
2009年10月08日 (木) | 編集 |
今回、初めてJet Star★を利用して日本へ行きましたが、このエアライン、何がいいかって、とにかく安い
サービスは・・・コメントは控えさせていただきます
なんてことも無く、予め情報さえしっかり入手しておけば、コレと言った不都合もなし。

ゴールドコースト発の便では、なにせ、ゴールドコースト空港の国際線ロビーがまだ未完成なもので、国内線ロビーを通って国際線へ。
この際、国際線ロビーは、プレハブ?!ってくらい、未完の代物なので、たいした食料もゲットできず。
国内線ロビーにある、ピザや、ハングリージャックスで買って、機内に持ち込むのが良いかと。
でも、飲物は、ココで買っちゃうと、手荷物チェックの際に捨てる羽目に。

ウチの場合、ハングリージャックスで買ったにも拘わらず、娘たちが、その場で「食べる」と言い出したものだから、機内持ち込みの食料がその場でなくなってしまいました (p_q)エーン

食べ物がないと、昼間の便は、とにかく退屈。
機内ではポータブルのビデオも借りられますが、これは予約をしておけば$9なのに、機内で借りると$15
値段の差があまりにも大きいので、借りるのやめました。

途中、小腹が空いて、カップヌードルやプリングルスを買ってみましたが、行きの便の担当のキャビンアテンダントの男が、なんだかイマイチな奴で、日本円で支払いたい(この方がレートを考えても得な感じだったから)と言ったら、お釣りが出ないとかなんとかで、どうも、受け取りたくない雰囲気。
仕方なく豪ドルで、計$18を$20札で払ったら、お釣りをくれないし。。。

もしかして、ジェットスター、お釣りをくれないシステム?!ヽ(`д´)ノナンデヤネン

腑に落ちないまま、次の軽食サービスの時がやってきたので、ジュースを買ったついでに、何気に聞いてみた。
「お昼の時、これと、これと、これを買って、合計18ドルで、20ドル払ったのにお釣り貰わなかったけど、覚えてる?」と。
その男(←男呼ばわり)、「覚えてない」と白を切った(笑)
でも、腑に落ちなそうな顔をしつつも、「じゃあ、ジュース代はいいよ」だって。
なんだかな~なキャビンアテンダントだった。

そして、成田発の帰りの便は・・・
しっかり腹ごしらえも済ませ、子供たちはお菓子もどっさり持ち、乗る前にはお茶やジュースもゲットして、いざ、サービス全く無しの飛行機へ!

乗るなり、トイレへ直行した長女。
戻ってきて第一声、「ママ、キャビンアテンダントの人、超カッコイイよ!」(笑)
私もしっかりチェック済み。
確かに格好よかった ヾ(・ε・。)ォィォィ
更に、Goodなサービス。

機内でコーヒー(250円)を買って、「日本円で払っていい?」と言ったら「勿論!でも、お札しか受け取れないよ」と言うので、1000円札でお支払い。
お釣りは豪ドルで来るシステムのジェットスター。
彼がくれたお釣りは、なんと10ドル
日本円と豪ドルを換算する時、1ドル=100円で大まかに計算している私は、1000円渡してコーヒー買ったのにお金がそのまま帰ってきた~!!みたいな、何だかすご~く得した気分。
「本当に、10ドルお釣りもらっていいの?」(←余分なことを聞いてしまった私)
ニッコリと「Yes!」だってさ~。
イイ男、失敗しても許されれば、いいことすれば、イメージさらにアップ(爆!!)

そして、機内での映画上映、この日は「天使と悪魔」
本を読んで、ぜひ見たいと思っていたのに、忙しさに負けて、見られず終いだったこの映画。
でも、映画を見るためには、イヤホンが必要。
機内サービスは全て有料のジェットスター。
まあ、5ドルでイヤホン買えば、映画は見られるし、次から使いまわしもOKだから、ひとつ買っとくか。
その前に、「本日の映画、申し訳ありませんが日本語でのサービスがありません。」
英語で見ろってか!!

まぁ、内容は分かってるわけだし、英語ででも見ておきたい。
オーストラリアで見たら、結局は英語だし。
そんな訳で、アテンダントの彼を呼んでイヤホンをお願いしたら、またまた素敵な笑顔でイヤホンを持ってきてくれました (>▽<*)v
「5ドル?」って聞いたら、「いらないよ。」だって!!
なんてサービスのいい人なんだ。
いい男度、更にアップ。

彼のおかげで、快適な空の旅を過ごすことができました。
オーストラリア、やっぱりイイかも(笑)
スポンサーサイト
テーマ:格安旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。