6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の予感
2009年08月19日 (水) | 編集 |
めっきり暖かくなってきたブリスベン。
昨日は、日中30℃になるとの予報通り、暖かい(むしろ暑いくらいの)陽気でした。

でも、日本で30℃って、夏日だよね?
それ程暑くなかったよなぁ・・・長袖で過ごせたし。

日本行きまで残すところ1ヶ月弱。
習い事のメイクアップ、スクールキャンプ、諸々忙しい毎日のはずなのに、のんびりしすぎてる私。
お土産買わなくちゃ!! Y(*□*)Y゛

学校のファンダライジング(資金集め)や、ファザーズデイストール(父の日のためのプレゼント販売)などなど、学校の方も、行事目白押し。

明日は、学校の中の教会でお葬式があるそうです。
生徒のお母さんが癌で亡くなり、自分のお葬式の時に、学校のクワイヤー(合唱)にどうしても歌って欲しいとのご本人の希望で、クワイヤーが歌うそうです。
その歌の伴奏を長女がクラリネットでするので、長女も参加。
こうやって、音楽をやっていくと、楽しい場での演奏ばかりでは無いんだな・・・と感じます。

オーストラリアに来て、日本との違いを感じるのは、やはり学校に関すること。
スクールキャンプや、エクスカージョン(遠足)、バンドへの参加や、どこかでの演奏、スポーツの大会諸々、何をするのも親のパーミッション(許可書へのサイン)が必要で、そんな手紙を毎週のようにもって帰ってくる。
昨日は、そのお葬式での演奏のための許可書を持ってきました。

今日は、3時半からテニスのプライベートレッスン、5時~7時にテニスのメイクアップレッスン。
またまた忙しい夕方になりそうなので、これから晩御飯の準備で、餃子作り始めよう!
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
ごまさんへ
こんにちは!
亡くなったお母さん、お子さんは1年生と3年生だったそうで、ご本人と家族のことを思うと、本当に心が痛みます。
娘たちの学校は、小さなカソリックの学校なので、ニュースレターにも、誰々の家族が病気で・・・とか、手術を受けて・・・などの情報と、「彼らのために祈りましょう」とよく書かれています。
大きな学校だと、そういった細かい情報までは知ることが無いので、今の学校に来て、ひとつひとつのことを皆で喜び、悲しんでいる、と感じます。

日本人って、日本でアメリカ英語を習うでしょ?
アメリカに住んでいた頃は、発音の難しさや単語のギャップみたいなものって感じませんでした。
確かに、遠足はフィールドトリップって言いましたよね!
でも、こっちに来て、オージーイングリッシュは独特だって感じます。
「Hi! Mate」(ハイ、マイト)
これこそ正に、オージーイングリッシュ!!
こんなこと、ガイドブックで大袈裟に言ってるだけでしょ?と思っていたら、皆普通に言うんですよ。
What's up mate! とかね(笑)
娘は、ディストリクトの運動会で、「Nice shoes mate!」って計測の先生に言われたって笑ってました。
mate(マイト)って、女の子にも使うのね~と感心した出来事でした。
2009/08/20(Thu) 11:12 | URL  | erizo@管理人 #7XDhzQU2[ 編集]
No title
こんにちは。
ボールパーソンの件、無事OKが出てよかったですね^^
これで心置きなく日本滞在が楽しめる!ってもんですよね♪

ところで・・・
そうですか・・・
生徒さんのお母様が癌で。。。。まだ小さいお子さんなんでしょうか?
心が痛みます。
なくなったお母様もさぞ無念だったことと思います。
私もご冥福をお祈りさせていただきます。

本当本当、アメリカでもそうですよ。
いろいろな許可書を持って帰ってきますよね。
うちもそうです。
Erizoさんのブログを読んでいつも感じるのは同じ英語を話しているはずなのに、単語が微妙に違う!!
遠足もアメリカだとフィールドトリップなんですが、オーストラリアではエクスカージョンって言うんですね~。
面白い^^
2009/08/19(Wed) 23:26 | URL  | ごま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。