6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
びっくりな出来事
2009年02月19日 (木) | 編集 |
毎週土曜、補習校の待ち時間は、インドロピリーのショッピングセンターで買い物をしたり、お茶をしたりして時間を潰しているのですが、先週は、友達の家族が日本から来ていたので、日本人の大所帯でカフェでお茶をしていると、日本人の女の人に声をかけられました。

「まーちゃん?!」
こんな呼び方をするのは、地元の友達と、アメリカにいた頃の友達のみ。

だ、だ、誰だ???
よ~く顔を見たけど、イマイチ分からず(←失礼)

「私、K石(←旧姓)!」

ええっ~~~~~!!(((!!(゚ロ゚ノ)ノ

高校の同級生でした( ̄口 ̄;)!!
しかも、高3の時、いつも一緒に遊んでて(←勉強にあらず)、卒業直後の春休みは、よく車で流してた(←群馬の人間は、こんな言い方してた ぷぷっ)

春になると、私は東京に出てしまい、同じく東京に出た友達との交流はあったものの、その子K石(←苗字呼び捨てでした)は、地元に就職したので、同じく地元に残った友達伝いで話が入ってくる程度になってしまいました。

専門を卒業した私は、アメリカに留学。
アメリカから帰国した頃に、今度はKがアメリカに渡ったと聞き、かなり長くアメリカにいたらしい。
日本に戻っても、もう既に実家以外の連絡先を知っている友達もいなくなり・・・
あの頃の友達誰もが、「K石はどこへ?!」みたいな状態。

そんな彼女と偶然の再会。
しかも、場所はオーストラリアのクイーンズランド。
細かく言えば、インドロピリーショッピングセンター(くどい?)

地元の高崎でさえ、偶然会うことがなかったのに(笑)

久しぶりに会ったK石は・・・ちょっと老けた?(←失礼ぶっこきまくり)
だって~、全然分からなかったんだもん。

「よく分かったね~」と言ったら、
「まーちゃん、全然変わってないんだもん!」だって。
褒めてるのか、バカにしてるのか(爆)

でも、一度、後ろから声を掛けたんだけど、私が気付かなかったらしく、そのまま通り過ぎてしまったものの、間違いなく私だから、声掛けないと絶対に後悔すると思って声をかけてくれたんだって。
十数年ぶりの友達との再会。
しかも、群馬の人って海外少ないのよ。地元好きだから。
なので、とっても嬉しかった出来事でした♪
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。