6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Japan Film Festival
2008年11月16日 (日) | 編集 |
今週の、水・木・金は、Japan Film Festivalでした。
領事館主催で、日本映画を上映してくれるという企画。

料金は、毎年違うみたいだけど、今年は、タダ ヽ(*^▽^*)ノワーイ♪
上映場所は、毎年違い、今年は、ブリスベンのシティの中にある、
The Regentという映画館。
regent.jpg

この映画館、とっても古くて、歴史ある映画館で、
シティのあちこちの古い建物が建て直されている中、
保存運動まで起こって、残ったほどの古い建物。
一度行ってみたかったので、今回、タダで日本映画がみられるとあって、嬉々として出かけていきました。

上映された作品は、
水・・・Always~3丁目の夕日
木・・・時をかける少女
金・・・武士の一分

見に行ったのは、勿論『武士の一分』
パパと見に行く計画を立てていたら、補習校仲間のお母さん友達も「行こうよ!」と言い出したので、
じゃあ、みんなで行くかってことになり、みんなで行ってきました。

この映画は、レーティングMで、子供は見られない為、子供たちをどうしようか思案していたところ、
長女の方は、タイミングよく、補習校の友達が、お泊りに誘ってくれたので、この日はお泊りへ。
次女は、一緒に映画に行くNさんの娘さんが面倒をみてくれるとのことで、Nさん宅へ置いていくことに。

ついでだから、映画の後はシティでちょっと飲んで帰るという計画まで立っていて、
その日は、私たちもNさん宅に泊めてもらっちゃいました ((^┰^))ゞ テヘヘ

シティで夜遊び?なんて滅多に無いので、みんな結構オシャレしてきたりして(笑)
映画よりも、食べたり飲んだりがメインになっちゃってて、映画も15分も遅れて到着。
「どうせ、宣伝が長いからまだ始まらないよ~」なんて誰かさんの予想を裏切り、
入った時には、木村くんが倒れたシーンだった 。゚・(≧□≦)・゚。エーン
私的には、初めから映画を見たかったんだけどな~。

でも、みんなとのお出かけ(しかも夜)なんて、初めてのことで、結構楽しかったです。
Nさんのお宅に帰ったのは11時過ぎ。
子供たちは、すっかり眠っていました。

翌日は、Nさんの家から補習校へ。
補習校まで車で15分弱の距離。
8時半過ぎまで家にいても遅刻しないなんて、車で40分かかる我が家からは考えられないこと。

補習校は、授業参観日だったので、長女の荷物をMちゃんのお母さんからもらい、
それぞれの授業を見学しました。
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。