6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーターサイクル・ダイアリーズ
2005年08月25日 (木) | 編集 |
20050825153101.jpg


ず~っと観たかった映画だけど、ここオーストラリアでは上映されなかった(と思う。)
そして、最近やっと新作DVDの仲間入りをしたばかりの作品。

主演 ガエル・ガルシア・ベルナル
   ロドリゴ・デ・ラ・セルナ

キューバの革命家チェ・ゲバラの若き日の日記を元に作られた作品。
革命家というよりも、医学生の青春の1ページといったところだと思う。

医学生のエルネスト・ゲバラ(ガエル)は卒業を前に、6歳年上の友達のアルベルト(ロドリゴ)と一緒にバイクで南米縦断の旅を決める。

プランは即席で、最終的な目的は大陸の探検。

1月にアルゼンチンからスタートした旅は、途中エルネストの恋人に会ったり、バイクが故障して徒歩の旅になったりしながら約半年で最終目的地ベネズエラで終わった。

途中、エルネストが喘息の発作を起こしたり、お金が足りなくなり食べ物に困ったり、苦難の連続ながらも、ペルーの病院で働きながら自分の知らなかった何かを見つけていく。

旅を通して、彼らの人生の目標みたいなものが見えてきて、この旅が終了となる。

50年も前の出来事だけど、南米は今もそれ程変わらない場所がたくさん残っているんだろう。
途中に出てくる、マチュピチュや、荒れた大地の風景なんかも見所だった。
スポンサーサイト
テーマ:最近見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
チェ ゲバラ, Che Guevara, 高橋 正ゲバラ日記 彼の名前は、前からちょこちょこ耳にしていて気になる存在でした。映画をみて、彼らの偉大さを知ることとなりました。「チェ・ゲバラ」は、キューバ革命をカストロと成し遂げた人物です。詳しく
2005/08/28(Sun) 21:36:42 |  赤ヘルと音楽とわたくし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。