6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Regional trial
2008年06月17日 (火) | 編集 |
昨日は、テニスリージョン大会でした。

朝8時15分に、マイアミのシニアテニスクラブ集合。
我が家からは、40~50分のドライブ。

ってことは・・・
朝の渋滞を見込んで、7時前には出発。
もう、全然行く気ゼロの私。
でも、長女は行く気満々なので、仕方ない(>ω<)

幸い、テニス仲間のジェスも行くことになっていたので、マーガレット(ジェスのママ)が乗せてってくれるとのことで、楽させてもらいましたが(^◇^)

娘たちが属するのは、South East リージョンといい、
Beenleigh
Beaudesert
Northern Gold Coast
Southern Gold Coastの4つのディストリクトを合わせて言います。

各ディストリクトから男女4人ずつ選ばれて来ているので、男女計各16人。
インタースクールスポーツは、11歳と12歳の子供のみ参加ができるので、
激戦のゴールドコーストを勝ちぬけてきた子供たちは、12歳が多く、体格もいい。

テニストーナメントで見かけない顔があったのも、12歳だと、長女のエントリーするアンダー11には出られないからだと思いました。

でも、トーナメントで見かける顔もちらほら。

肝心の試合の方は、「2回まで負けられるわよ。」と、担当の先生のポジティブな説明(ぷぷっ)
メインドローの1試合目は、完敗でしたが、長女は、自分の思うテニスができたようで、
いつものように、プンプン試合中に怒り出すこともありませんでした(〃´o`)=3

コンソレーション(敗者復活)の1試合目は、快勝。
2試合目は、負けてしまい、そこで終了。

でも、試合の合間に、他の子の試合のアンパイヤーもしなくてはならないので、
子供たちは大忙しでした。

始まる前は、 「Beenleigh is the weakest.(Beenleighが一番弱い)」なんてみんなの噂になっていたようですが(←超失礼!!)
いざ試合をしてみたら、Beaudesertが一番弱かった(ぷぷっ)

まあ、ウチの長女が代表に選ばれるくらいだから、トーナメントの長女を知っている子たちから見たら、
弱いと言われても仕方ないか(笑)

でも、今日3試合をして、以前のトーナメントよりも、すこしだけ進歩が見られ、ようやくプライベートレッスンの成果が出たしてきたのかな~なんて感じました。
スポンサーサイト
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。