6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラリネットのグレードテスト
2008年05月22日 (木) | 編集 |
長女がクラリネットを始めたのは、昨年の1月。
ちょうど、5年生になったばかりの時、前の公立校でスクールバンドのメンバーに選ばれたのがきっかけでした。

途中で学校が変わり、システムも変わったために、公立校の時のように学校の楽器を格安で借りることができなくなり、自分のクラリネットを購入。

昨年半年間はグループレッスンを受けていたのですが、夏休みが終わり、1月から新学期がスタートすると、休み中に全く練習しないオージーの子供たちとウチの長女とのレベルの差が出てきてしまい、先生にプライベートレッスンを勧められました。

グループレッスンに比べると、料金は倍。
躊躇していたら、先生が、「20分で14ドルでどう?」とのオファー。
グループ30分で11ドル。
プライベート30分で22ドル。
これって、格安かも(ぷぷっ)

プライベートレッスンをきっかけに、グレードテスト受験を勧められました。
グレードテストとは、検定試験みたいなもので、グレード1~8まで(だったと思う)あり、それぞれのグレードにあわせた勉強が当然必要になってくる。

グレード1から挑戦なので、長女はそのための、スケール(日本語で何と言うかわからない)を覚え、
曲を3曲、一般教養的なもので、作曲家について覚えたりと、するべきことは盛りだくさん。
さらに、ピアノの伴奏に合わせてクラリネットを吹くので、伴奏者も頼まなければならない。

伴奏は、次女がピアノを習っている、なおちゃんに依頼。
快く引き受けてくれたので(←と思い込んでる)、当日は、なおちゃんに試験場まで一緒に行ってもらいました。

先週の日曜、朝9時22分が試験時間。
22分っていう中途半端がイマイチよくわからないが、早めに家を出て、早めに到着したので、親の私は既に役目を果たした達成感が・・・(爆!!)

時間が近づき、練習室に呼ばれたときには、「なおちゃん、後よろしくね~^^」ってな感じ(オイオイ)

試験前に、なおちゃんと何度かあわせて練習をしたのを聞いていたけど、
伴奏が付くと、結構きちんとした曲に聞こえるから不思議。

本番でも、上手くいったようなので、結果もそれ程心配はしていませんでしたが、
先生を通して結果が来るとのことで、
本日、クラリネットのレッスンの時に、先生から結果を頂きましたΣ(`□`)!!ェエエ工

見事、A判定の合格でした\(≧∇≦)/

クラリネットの先生にも褒められたそうですが、それよりも、学校の音楽の先生が大喜びだったらしく、
昼休みに、皆の前でアナウンスされたそうです。

更に、昨日、インタースクールスポーツ(学校交流みたいな感じかな?)のテニスの予選に行き、
Beenleighエリア代表になったので、そのことも一緒にアナウンスしてもらったらしいです。

このことに関しては、また別に書きます^^

取りあえず、長女にとってのイベントが2つ修了。
どっちもいい結果が得られて、本当によかったです。
よく頑張ったね。

スポンサーサイト
テーマ:音楽
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
kikuちゃんへ
いつもコメントありがとう。
子供って、大きくなればなるほどお金がかかるよ。。。
親の目から見て、クラリネットの方が、テニスより才能があると思うんだけど、本人はテニスの方が好きなんだよね。
ま、好きでやってることだから、やめろともいえないし。
応援ありがと~^^
2008/05/28(Wed) 08:45 | URL  | erizo@管理人 #7XDhzQU2[ 編集]
光ちゃん、すごいねー、頑張ってるね!
テニスも含めて、レッスンの送り迎え、土日の試合、レッスン費用・・・真澄さんの努力の効果があちこちに表れてきていて、頑張っている甲斐があるね。努力って、すばらしいことだよね!!
応援してるよー。
2008/05/23(Fri) 19:26 | URL  | きく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。