6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パスポートが切れちゃった
2008年01月09日 (水) | 編集 |
今日は、朝早めに家を出て、在ブリスベン日本領事館へ行ってきました。

次女のパスポートの有効期限が、昨年の11月末で、切れたことに気付いたのが2日後。
とき既に遅し・・・( ̄△ ̄;)ガーン

期限が切れると、戸籍抄本を日本から取り寄せなければならず、
切れてしまったものを今更慌てても、2日後だろうが、1ヵ月後だろうが、同じだろう・・・
どうせだったら、年末年始にかかると、次の更新時に、また、年末年始の慌しさに感けて忘れてしまいそうなので、のんびり構えてみた~t( ̄o ̄)(←本当は、パスポートが切れてる外国人はかなり問題のはず)

そんなわけで、今頃、申請に行ってきました。

実は、今回の申請について、こぼれ話がちょこっと。

おっちょこちょいで面倒くさがりな私は、
領事館まで書類を取りに行くのがイヤで、電話で問い合わせた時に、
「補習校に来てらっしゃる方いますよね?
ウチも毎週補習校に行っているので、持ってきてもらってもいいですか?」
なんて、超図々しいことを、しゃあしゃあとお願いしてしまった。

領事館に勤める領事さんに、なんてことを!!(←後で気付く)

でも、さすが、そこは日本国から派遣されていらっしゃる領事さん、
キチンと長女のクラスまで届けてくださいました。
頼んだ本人が、すっかり忘れてたのに。。。(←コラ!!)

そして、書類を揃え、先週郵送しちゃいました( ̄□ ̄;)!!

昨日、領事館から電話があり、
「郵送では受け付けないんですよ・・・」
えっ!!
私ってば、申請方法の書類をキチンと読んでいなかったのよ。
取りに行く時だけ出向けばいいと思い込んでいたのです。

それでも、シティまで行くのが嫌な私は、なんとか穏便に済ませようと(←どうやって?!)交渉をしてみたけれど、結局、申請書類裏に、本人の署名を日本語で書かなければいけないところを、本人に英語で書かせてしまったために、修正も兼ねて、行かなければならなくなったのです。
「父親ではダメですか?」一応聞いてみた(オイオイ^^;)
「保護者の署名がお母さんになっているので・・・」

どこまでも図々しい日本人な私。
だって、シティまで、遠いんだもん。
しかも、駐車場も見つけるのが大変だし、混んでるし・・・(ぐずぐず)

これが英語だったら、電話での交渉は、はなっから無理と思い込んでいるので、速攻足を運んでいるのになぁ。。。

とりあえず、本日、領事館まで行き、平謝りしてきました。
領事館の皆様、大変ご迷惑をおかけしてすみませんでした(m´_`)m



スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。