6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悩み、その後
2007年02月14日 (水) | 編集 |
先日の続き。。。

月曜、長女と一緒にクラスまで行くと、
水曜まで教えてくれるという、臨時の先生がいました。
ちょうど、親友のお母さんに会ったので、
色々と不明な点を聞き、これからどうなるのかオフィスに聞きに行くと言うので、一緒に行ってきました。

取りあえず「4・5年生合同のクラスに入るのだけはイヤ」と伝えてきた。
実は、彼女がそれを言わなければ「合同クラス」の可能性があることすら知らなかった、オーストラリアの小学校事情に全く無知な私ヾ(@ ̄ε ̄@)おいおい
私一人だったら、何を聞いて、何をリクエストするのかも分からないので、彼女と一緒に行って、よかった~(*´д`*)~З

その時点では、まだ何も決まっていないと言っていた教頭先生。
実際、最終決定が出たのが昨日。

長女の話だと。。。
5L(クラス名)の生徒が分けられ、数人が長女のクラス5Dに、数人が5Rに移り、残った生徒と、同様に分けられた4年生のクラスの残りの生徒が一緒になり、4・5年生合同クラスを1クラス作るとか。

長女のクラスの担任には、現4年生の先生がなり、
別の4年生の先生が合同クラスを受け持つことになるらしい。
4・5年生合わせて10クラスを9クラスに減らしたことで決着がつきました。

結局、長女のクラスの生徒だけが、担任もいなくなり、生徒もバラバラにされるという、ある意味『犠牲者』にはならず、
4・5年生全体で痛み分けってことになったのです。

それにしても、
合同クラスって・・・ど田舎の分校でしかあり得ないでしょ~?!
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。