6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれこれ悩みが尽きません
2007年02月11日 (日) | 編集 |
新学期が始まり、2週間が経ちました。
親友と別のクラスになってしまった長女も、
新しい先生に慣れてきて、ようやく学校が楽しくなり始めた頃。

それなのに!!(;゚Д゚)

今年度の生徒数が15人も足りないとかで、
先生が減らされる危機に瀕していた、小学校。

先週の火曜のニュースレターでそんな内容の記事が書かれていたことは知っていたけど・・・
金曜日、仕事から帰ると、
長女が悲しそうに話してくれた内容が、

長女の担任が別の学校に移るということ。
手紙も勿論もらってきました。

前日に、ご近所のモニカ(長女の小学校の先生なのです)が、
何気に、ほのめかす内容の話をしていたのは確か。
「ヒッキー(長女のこと)、学校から手紙貰ってきた?!」と。
それはもしや、長女のクラスのことなのかとは思ったけど、
まさか、本当に長女のクラスに降りかかってくるとは思いもしませんでした。

金曜日、帰る直前に、先生は今日で終わりなのだと生徒たちに伝えたらしく、
突然の出来事に、泣き出す子供たちまでいたらしい。
長女も、やさしい担任に心を開きかけていた頃だったので、
相当ショックだったらしいです。

それにしても、金曜の帰りに手紙を持たせ、
来週の月曜には、長女のクラスだけ、他の5年生のクラスに振り分けられることになるみたいで、
親としては、交渉の余地も無い状態。

学校が始まって2週間、
ようやく新しいクラスに慣れてきた子供たちにとって、
今回の出来事はかなり過酷だと思いました。

高学年になればなるほど、生徒たちが私立に移っていくため、
生徒数が減る、公立校。
公立の小学校に通っているいっぱい、こういったことはこれからも起こるんだろうなぁ。。。

昨年の最終学期も、担任の休みなどで、翻弄され続けた長女のクラス。
学校に対する不信感がどんどん募っていく私です。

スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
けいこさんへ
今回のことでは、本当に公立校について考えさせられたよ^^;
高学年になってきたら、もっと真剣に考えてあげなくちゃなんだね。
2007/02/14(Wed) 12:06 | URL  | erizo@管理人 #-[ 編集]
cherryさんへ
ご心配おかけしました^^
こっちの学校事情、全然知らないので、改めてひとつ勉強になりました。
2007/02/14(Wed) 12:04 | URL  | erizo@管理人 #-[ 編集]
NoTitle
深刻だね~。でも少なくとも振り分けられたクラスには仲いい子がいるといいけど?そうでもないとほんとに残酷!ちょうどヒッキーの学年が私立に移っていく可能性の高い学年だもんね。でもそんなにたくさん移っていっちゃうなんてうちも将来他人事じゃなさそう...ヒッキー、早く新しいクラスに慣れるといいね。返って新しいクラスでいい先生や友達に恵まれるかもよ!   
2007/02/12(Mon) 21:27 | URL  | けいこ #81/lD5GQ[ 編集]
NoTitle
新学期そうそう、大変なことに・・・。
折角慣れたのにね~。
私も娘の学校のことではいろいろありました。
日本の学校とは違いますもんね。
2007/02/11(Sun) 20:20 | URL  | cherry #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。