6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A HISTORY OF VIOLENCE
2006年08月25日 (金) | 編集 |
40509.jpg

邦題;ヒストリー・オブ・バイオレンス
出演;ヴィゴ・モーテンセン マリア・ベロ エド・ハリス

アメリカの田舎町でダイナーを営むトム(ヴィゴ)の店に、閉店間際に(ちょっとイッちゃった)2人の男が入ってくる。
難癖つけてから、いきなり銃を出し、帰ろうとしていた女性店員を脅すと、トムがとっさに相手の隙をつき、銃であっという間に殺してしまう。

素人技じゃあ無いだろ~~~(プププ)

その事件が全米でニュースになり、数日後、すっかり有名人になったトムのもとに、どこからどう見てもマフィアな3人の男がやってきて、トムのことを「ジョーイ」と呼ぶ。

自分はトムだと言い張っても、「ジョーイ」と呼び続けるマフィアは、彼だけでなく、彼の家族も付けまわし、ジョーイにフィラデルフィアに来いと言う。

そんな感じで、このストーリーは始まり、「やっぱり。。。」とか「ええっ!!」と思える展開に進んでいきます。

タイトルの「バイオレンス」通り、かなり暴力的なシーンが際立つ映画です。
息子まで?!みたいな。
スポンサーサイト
テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。