6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電子レンジで作るパン
2006年08月23日 (水) | 編集 |
昨日、片付けをしていた時に見つけたレシピ♪

何かの雑誌の綴じ込み付録だったと思う。
捨てようと思いながら、料理関係のレシピってなかなか捨てられずにいる私。
作りもしないのに( ̄m ̄*)プッ

電子レンジで出来るパンって・・・(←懐疑的)

でも、あまりにも簡単そうだから、
旨いマズイは別として、作ってみるか!

と言うことで、出来上がったのがコレ。
20060823105333.jpg

大きい方には、あんこを入れてみました。
って言っても、大きさが分かりにくいって?!( ̄▽ ̄;)

プチパン(6個分)
☆材料☆
・強力粉・・・・・・100g
・バター・・・・・・8g
・牛乳・・・・・・・75ml
・塩・・・・・・・・1g
・砂糖・・・・・・・9g
・ドライイースト・・4g

☆作り方☆
1,耐熱容器に牛乳とバターを入れ、レンジ強(600w)で30秒、牛乳が人肌に温まるまで加熱する。(人肌以上になった場合は冷ます)

2,1をレンジから取り出して、泡だて器でバターを溶かす。ドライイースト→塩→砂糖の順で加え、そのつど混ぜる。さらに、強力粉の3分の1を加えて、だまにならないように混ぜる。

3,残りの強力粉を加えて、菜箸の先を開き気味にして、ぐるぐると混ぜる。まとまってきて、箸で持ち上げた時にひと固まりになれば終了。混ぜすぎは厳禁。

4,容器に蓋を軽くかぶせ、レンジ弱(150~200w)で30秒かけて、弱い刺激を与える。

5,まな板に打ち粉をして生地を取り出し、上からも強力粉をふりかけ、放射状に6等分する。

6,生地を軽くひっぱりながら、切り口を中に巻き込むようにして丸く形を整え、綴じ目は指先でつまんでしっかり合わせる。(手に打ち粉をつけながらやると成形しやすい)

7,まな板の上に間をあけて並べ、クッキングシートをのせ、その上に水でぬらしたペーパータオルをかぶせる。25度前後の室温で約10分生地を休ませ、2倍の大きさになるまで待つ。

8,まな板の上に軽く打ち粉をして生地を置き、3本の指で軽く押さえてガス抜きをする。外側の生地を内側に寄せながら丸めて、合わせ目はしっかりととじる。

9,耐熱皿にクッキングシートを敷き、皿の縁にそって生地を並べる。上にクッキングシートをかけ、レンジ弱で30秒かけて弱い刺激を与える。

10,9をクッキングシートごと天板に移し、間隔をあけて並べる。上にクキングシートをかけ、水でぬらしたペーパータオルもかぶせたら、25度前後の室温に10分ほどおいて、2倍の大きさに膨らませる。

11,かぶせたクッキングシートとペーパータオルをはずし、生地の表面に軽く強力粉をふる。(焼きムラを防ぐため)

12,180度に温めたオーブンで12~15分焼く。
20060823105344.jpg


プチパン6個って、あまりにもしょぼい分量なので・・・
私は倍の量で作ってみたけど、
全く同じ作り方で、全然オッケー♪
スポンサーサイト
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ぉ久しぶりデス(●>ω<)ノ゙
まだ②日本ゎ残暑が残ってめっちゃ暑いです↓
すごぉくぉぃしそぅ!!!!!
レンジでできるとかスゴィ!!!!
2006/09/03(Sun) 17:00 | URL  | AON #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。