6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリープオーバー
2006年04月11日 (火) | 編集 |
長女の誕生日パーティを忘れてた( ̄□ ̄;)!!

「プレゼントをあげたから、いいや。」
と思ってたんだけど、本人はそれじゃあ納得いかないらしい。

なので、病気も良くなったことだし、
スリープオーバーをすることにしました。

親友2人が泊まることになったのだけど。。。

やっぱり、習慣の違う国で、よその子供を泊めるのって、大変^^;

夕方、ご飯前に、スナック類やケーキを出した私も悪いんだけど、
「お腹がすいた。。。」と遠慮なしに言ってくる子供たちに、
出さないわけにもいかず。

結果、折角時間をかけて作った晩御飯には、
全く手をつけない子供たち。
「あまりお腹がすいてないから。。。」(←当たり前だっつうの!!)

夜も、ピローファイトだと言って、散々暴れまくった挙句、
集中攻撃にあった長女は、泣き出して、部屋にこもってしまうし(オイオイ)

そして今日は、子供たちを連れ、映画を見に行ってきました。
映画と言えば、ポップコーンコーラな西洋人。

当然、買ってあげましたよ。
しかも、ただのポップコーンにコーラだったら、クーポン持ってたのに、
「フローズンコークがいい」なんて言い出すもんだから、
クーポン使えなくて、ポップコーンと飲み物に30ドルも使っちゃったよ(トホホ)

ポップコーンだって、結局食べきれずに半分捨ててしまったし。

オーストラリアの子供たち、
近頃は共働きの家庭も多く、結構裕福に育っているせいか、
物を大事にしない。

しみったれたことを言いたいわけじゃないけど、
私は食べ物を平気で捨てたりできないので、
ご飯もおかずも、余らないように作ることを心がけている。(犬もいないしね)
なので、今回のスリープオーバーは、
平気で出されたご飯を残す子供たちにも、
ポップコーンを平気で捨てる子供にも、
ちょっと呆れた。

どんなに贅沢になっても、食べ物を簡単に捨てる人にはならないように、
ウチの子供たちには教育しよう。。。とつくづく思った。

でも、そんなスリープオーバーも、長女はとても楽しかったようで、
「来年もしようね!」だって^^;

よ~し、来年は、キッチリ子供たちを管理できるように、自分も技を磨き上げておこう!!(えっ。どんな技だって?!)
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。