6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肉屋の在庫一掃セール
2006年03月19日 (日) | 編集 |
昨日、グランマ(前の家のおばあちゃん)と、娘のデビーと3人で、
朝っぱらから、お肉屋さんセールに行ってきました(プププ)

Yatara(ヤタラ)の工場地帯にあるので、
知る人ぞ知る、お肉屋さん。

このお肉屋さん、日本輸出向けのビーフ(霜降り^^)も扱っている珍しいお店。

普段から安くて評判ならしいけど、
昨日は、年に数回の冷凍庫の商品を一掃するためのセールがあり、
一番の売りは、1トレー1ドル

朝7時からというので、早起き大嫌いな私も頑張って早起きして行ってみたら、もう既に長蛇の列^^;

細かい事に拘らないオージー。
でも、結構細かい←特に物の値段(くすくす)
だから、安いと聞けば飛んでくる(←大袈裟^^;)
それが、となれば、当然のこと?!(ゲラゲラ!!)

数人ずつしか冷凍庫に入れてもらえないので、待ち時間がとても長く、
途中具合が悪くなる人まで出てきた。
それなのに、帰る気はサラサラ無い所がスゴイ( ̄▽ ̄;)

やっと中に入れたのは、並んでから1時間後くらいだった。
中は冷凍庫。
当然だけど、寒かった~~~

肉はあまり食べない我が家。
慎重に、良さそうな肉だけ選ぶ私。
比べて、一緒に行ったグランマとデビー、
ポンポンカートに放り込んでいく(ように見えた^^;)
お会計の頃には、デビーのカートは山盛り!!

一体、何か月分?!←聞いちゃった^^

「ん~、2ヶ月くらいかな。。。」だって。

あの量の肉、たった2ヶ月なんだ。。。

でも、そんな風に、山盛りのカートを転がしていたのは、デビーだけじゃなかったんだよね。

気になるお値段だけど・・・
ロースト用のポーク、ウールワース(こっちのスーパー)のパッケージが付いていた、ウールワースで販売されているものと同じものが、
表示価格の半額。
ラムチョップは、全て6ドル。
ソーセージが、1箱20ドル。(数は不明だけど、100本くらいは入ってそうだった)
日本向けのビーフと思わせる、日本語が書かれたパッケージのビーフは、19ドル/kg。

その他、冷凍のむき海老とかもウールワースで23ドル(1キロパック)が、半額。

などなど、肉に限らず、冷凍食品もいくつかあり、
こっちでは滅多に感じない、なかなかお買い得なセールでした^^

スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。