6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーストラリアでインフルエンザの予防接種
2009年10月27日 (火) | 編集 |
めっきり夏が近づいてきたクイーンズランド。
昨晩はストームが来て、我が家の周りでも結構な雨と、雷がゴロゴロ鳴っていましたが、ブリスベン辺りでは、広範囲で停電になり、今朝も電車の遅れなど、昨晩のストームの影響がかなり出ました。

こっちが暑くなってきたってことは・・・
日本は寒くなってきたんだろうなぁ。
そして、豚インフルエンザがまた猛威を振るっている模様。
暑くなってきたこちらでは、話題はすっかり下火。

でも、これから年末に向けて、超多忙な日々が待っているウチの長女。
今まで、誰からも貰わずに、なんとかすり抜けてきたインフルエンザですが、ボールキッドのボランティアも控え、インフルエンザにかかっている場合ではなくなってきたので、予防接種を受けることに。

今年に入って、フルーショット(インフルエンザの予防接種)は受けた私。
でも、これは、豚インフルエンザのものではありません。

近くのGPに電話して、「豚インフルエンザの予防接種受けられる?」と聞くと。
「勿論」との返事。
しかも、「いつでもいいわよ!」と言うので、早速、昨日の学校終わりに予約を入れ、娘を連れて近所のGPへ行ってきました。
ただし、10歳以上しか受けられないとのことで、今回は次女は接種をすることはできませんでした。

ここオーストラリアでは、
豚インフルエンザワクチンは、
タダ

しかも、近所のGPはBulk Billingというシステムなので、診察代その他、自腹を切る必要は一切無し。←タダってことね。
だから、今回の予防接種、まるっきり無料で受けてきたのです。

日本では、ワクチンの数が足りず、医療従事者から順に・・・
私たち30代の番が回ってくることは無いんじゃない?的な状況でしょ?
輸入ワクチンの安全性についても物議をかもしているみたいだけど、そんなことを知りつつも、オーストラリアで受けちゃったよ~(笑)
一応、お医者様に、副作用その他、問題は無い?と確認は取ったものの、こっちの医者の話も信用ならないからな~(ぷぷっ)←笑っている場合か?
そして、前回の予防接種の時にも思ったけど、今回もまた、注射する時に、腕をまくって、おもむろにぷすっと注射。
そう!消毒してくれないの!!
前回は、「あれ?消毒忘れちゃった?(←そんなことあるんかい!)」って思ったけど、今回はさすがに2度目。
ぷすっとされる前に、「消毒しないの?」と聞いてみたら、
「アルコール使うでしょ?だからアルコールが浸入したりするとよくないから、よほど汚れていない限りは消毒しないの。」だって。

なんだか、1から10まで、オーストラリアらしいなぁ。
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。