6年間のオーストラリアを経て、日本へ帰国しました。オーストラリアで培った経験を生かし、日々日本人に溶け込もうと奮闘中の我が家のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよなら、オーストラリア
2010年04月14日 (水) | 編集 |
娘たちのスクールホリデーを待ち、友達にも、オーストラリアにも別れを告げ、
今月3日(土)娘たちと共に日本へ帰国しました。

当日は、恵子さんと澄子さんファミリーがゴールドコースト空港まで見送りをしてくれました。
わざわざ私たちのために時間を割き、空港まで足を運ぶって面倒なことだと思う。
それを考えると、私たちは幸せ者だなぁ・・・
帰国前の1週間は、会う人会う人お別れを告げなければならなくて、本当に涙がよく出た。
空港でも、最後の最後まで泣いちゃったし。

6年間のいい思い出ばかりを都合よく胸にしまい、ほんのちょっとの期待を日本に持ちながら、飛行機へ・・・

って、その前に、しなくちゃいけないこと!!
タックスリターン ヾ(゚ロ゚ )オィッ

前回、しくじったので、今回は余裕を持って搭乗口まで行ったつもりが、やっぱり今回もギリ。
しかも、タックスリターンのカウンターがいきなり閉まり、焦った。
コンピュータートラブルだとかで、イライラしながら待ち、前回は「出発30分前になったらできない」と言われたので余計に焦る。
待ってる間に、娘に代わりに並ばせて、最後に買いたかった香水を買いに行くと、長女が私を呼びに来て、カウンターがやっと開いたというので、手続きをしに戻る。
手続き中に、今度は場内アナウンスで名前を呼ばれた私たち母子(笑)
まだ時間あるじゃん!!と言いつつ、娘に搭乗口まで行ってもらい、手続き中だと伝えてもらった。

ようやく手続き終了し、タックスがちゃんと戻ることを確認してから、いざ飛行機へ!!

最後の最後まで、バタバタな私たちでしたが、オーストラリアさようなら。
そして、素敵な思い出をありがとう。
スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
居候生活1週間
2010年03月23日 (火) | 編集 |
先週の火曜から、恵子さんのお宅に居候をさせてもらって早1週間。
週末のパッキングから、火曜には引越しやさんが荷物を引き取りにきて、それから家の掃除3日間。
不要物のガレージセールを2日間。
昨日、家の引渡しをして、インスペクションを受け、やっとひと段落。
とにかく、1週間があっという間以上のあっという間(←なんのこっちゃ?)に過ぎ去っていきました。

子供たちはいつも通り学校にも習い事にも行っていましたが、私がしてあげられたのは本当に最低限のことだけ。一杯一杯で、ほかの事は恵子さんに任せっきりだった気がします。
子供のことだけじゃなく、ご飯の準備もほとんど恵子さんがしてくれてたなぁ・・・

後は、銀行口座、クレジットカード、保険、電気、電話、etc
できるものは解約を済ませ、ぎりぎりまで使う携帯などは出発の前日かな。
昨日は、グランディスもディーラーに持っていって、下取りをしてもらい、リースの後処理も終了。

忙しさと疲れ、ストレスで、夫婦仲は険悪。
私的には、結構我慢してやってるんだけど、それにしても態度にムカつき、我慢の限界。
口を開けば「何もしねえ」
何もしてなければ、引越しが成り立ってないだろ~!!
テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報
Trinity Open Night
2010年03月10日 (水) | 編集 |
長女の通う学校で、Open Nightがありました。
この学校に興味のある人たち、特に近い将来入学予定の小学生と保護者が、学校に来て、在校生に校内の案内をしてもらい、学校についてよく知ることのできる機会です。

そういえば、去年、Open Nightに来てから、一年も経っちゃったんだなぁ。。。なんて思ったりして。

校内の案内は、11年生が中心になって行うので、新入生の長女たちの役目はありません。
ですが、長女は、スクールバンドに所属しているので、バンドの演奏の為に、夕方学校へ行きました。

バンド演奏が3曲、その後に、フルートのアンサンブルと、クラリネットのアンサンブル。
長女は、新入生ですが、昨年からトリニティーのバンドに参加していたのと、技術面とで、上級生2人と一緒に組ませてもらっています。
長女と一緒に演奏した子の一人は、グレード8を持っている子で、3人の演奏はとても素晴らしく聞こえました。

trinity.jpg

trinity (1)

途中、見学に来ていた恵子さんとばったり会い、次女はエリちゃんに会えたので大喜び。
長女は、演奏が終わってから友達と行ってしまったきり戻ってこないし・・・

でも、今学期一杯で日本に帰ってしまうので、その前に、少しでも楽しい思い出を作ってあげたいな。

追加・・・
久しぶりの快晴だった時の青空と、ウチの近所に新しく造成され売られている区画。
windaroo (1)

windaroo_20100312212759.jpg
ゴルフ場の中です。
windaroo (2)
テーマ:学校行事!
ジャンル:学校・教育
お別れパーティ
2010年03月08日 (月) | 編集 |
昨日は、ご近所の日本人友達がお別れパーティをしてくれました。
このエリアに住んでから、初めて知り合った日本人が恵子さんでした。
それから、恵子さんの紹介で、澄子さん、キクちゃん、みかちゃん、佐代子さん、なおちゃんと友達になり、後から近くに引っ越してきたリエちゃんと友達になり・・・家族ぐるみでの付き合いが始まりました。

そんな皆が、私たちの為に集まってくれました。
恵子さんが用意してくれた、ピニャータ。
party_20100308094315.jpg

party (1)

party (2)
リエちゃんの伴奏で、長女と次女が演奏。この後、ピアノの演奏もしました。
party (3)
大人だけで
party (4)

誰も知り合いのいない地に引っ越してきて、何も知らずにオーストラリア生活をスタートした私たち家族にとって、家の近所のオージーの助けと、この日本人友達の助けがあったからこそ、6年近くも暮らすことができたと思います。

恵子さんとは、本当にたくさんのことを一緒にしてきました。
そして、たくさん助けてもらいました。
子供のスイミングレッスンに一緒に行き、毎日のように一緒に過ごした初めての夏休みは今でもいい思い出です。

澄子さんとの一番の思い出は、スカルプチャーフェスティバルと、ブッシュウォーク。
元スチュワーデスの澄子さんは、とてもキチンとした人で、それでいて気さくな性格で、自立した仕事をしていて、学ぶことがたくさんありました。
こんな素敵な人になりたいと思いました。

キクちゃんは、なんと言ってもジェイク(キクちゃんの愛犬)を預かったことが我が家の一番の出来事。
自然派の彼女は、できるものは全て手作りという徹底ぶりで、私にはとても真似のできないことだなぁ・・・といつも感心しています。

みかちゃんも、初めての夏休みを毎日一緒に過ごした一人。
そして、毎年トリニティの仕事の時には連絡をくれるのが、私の楽しみでもありました。
シフォンケーキの作り方を教えてくれたのも、みかちゃん。

佐代子さんは、この中で唯一、我が家と同じ日本人家庭。
シティに引っ越してからは、会う機会が少なくなってしまったけど、突然お店に行って、急に連絡をしても、快く出てきてくれたことが、今でも忘れられません。
旦那さんのじゅんさんも、いつも一生懸命で、とても励まされます。

なおちゃんは、娘たちのピアノの先生。
子供たちのことにとても熱心で、学校のこと、音楽のこと、趣味趣向、彼女から学ぶことがたくさんありました。
なおちゃんのお陰で、毎週みんなで会う機会もできたし、なおちゃんがピアノの先生でよかった。

リエちゃんは・・・付き合った年月は一番短かったけど、一番遠慮のいらない仲でした。
子供たちもリエちゃんが大好きで、私の都合の悪い時にお迎えに行ってもらったり、面倒を見てもらったり。
リエちゃんのカフェで働いた頃、楽しかったな~。

思い出は尽きないけど、日本にいたら出会うことの無かった人たちと出会うことができ、一緒に色々なことを分かち合ってきた友達に感謝の気持ちで一杯です。
みんな、本当にありがとう。
テーマ:海外生活
ジャンル:日記
Shrove TuesdayとAsh Wednesday
2010年02月17日 (水) | 編集 |
一応、娘たちの通っている学校はカソリックスクールなので、たまには宗教の話でも・・・

昨日の火曜は、Shrove Tuesdayまたの呼び名を、Pancake Dayでした。
Ash Wednesdayの前日がShrove Tuesdayで、
この日から、イースター前日までが、キリスト教の四旬節で、禁欲の時期になります。

Shrove Tuesdayに今までの罪を懺悔し、四旬節の間に自分を見つめ直し、全ての欲を捨て、イースターのジーザスの復活に続いていきます。
禁欲期間は、脂肪分の含まれたものを食べられない為に、前日にパンケーキを食べるので、Pancake Dayと呼ばれるそうです。
この日は、長女の学校では、タックショップ(売店)でパンケーキを売っていたそうです。
小学校では、担任の先生がそれぞれパンケーキを用意してくれたりします。

水曜のAsh Wednesdayは、四旬節の始まりで、この日は肉を食べてはいけないそうです。
何も知らない我が家は、サンドイッチにしっかりハムを挟んでいってしまい、次女は友達に驚かれたようですが(笑)
文字通り、おでこに灰で×を書き、過去に犯した過ちに対する謝罪の意を表すらしく、学校でもおでこに×を書かれている子をたくさん見かけました。

イースターはジーザスの復活祭。
Ash Wednesdayにお肉を食べると、イースターバニーが家に来てくれないそうです(ぷぷっ)
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。